ケータリングの歴史

ケータリングカーを使った物干し竿や焼き芋、ケバブやアイスなどの移動販売は、誰しも一度は見たことがあると思います。
ここでケータリングの歴史について、ご紹介いたします。

江戸時代から大正時代まで

町人文化が花開いた江戸時代では、現在のファーストフードに当たる江戸前寿司などの食べ物が大流行しました。
せっかちな江戸っ子気質を反映し、美味しいものを早く食べたいという要望から多くの屋台が軒を並べていきます。

明治時代に入ると取り扱うファーストフードの種類も増え、大正時代にはリヤカーが発明されます。リヤカーはケータリングカーとして重宝され、ラーメンや石焼き芋などに利用されるようになりました。人力で牽引していたリヤカーは、物資が乏しかった戦争中でも活躍していったのです。

昭和

終戦後の日本は混乱期を迎えており、食糧や住居の確保に追われることになります。当時の食料は配給制で十分な量が行き渡っておらず、バラック建ての移動式屋台の登場は多くの人々の生活を支えていきます。その後、混乱期を乗り越えた日本は高度成長期に入ると、自動車の普及に伴い本格的なケータリングカーが登場します。

この頃、都市部ではスーパーの進出が見られる一方、地方では普及が遅れたため、ケータリングカーによるスーパー商品の販売が人気を呼びました。
バブル景気や経済大国を経て、ケータリングカーによるクレープやラーメンなどの軽食、オフィス街向けの弁当、灯油の巡回販売なども増えていきます。

平成

平成に入ると、個人営業による移動販売が増え始めます。ケバブやホットドッグ、たこ焼き、アイスクリームなど、様々な種類の移動販売がイベント会場や行楽地を盛り上げ、また、カバン・靴・カギなどの修理、フラワーショップなど多種多様なサービスが、ケータリングカーで行われるようになりました。現在では、時代のニーズに応じたビジネスとして、ケータリングカーは多くの人々の需要を満たす存在と認識されています。

JUICY’Sは大阪兵庫京都奈良などの近畿地方を中心に、ケータリングカーによるケバブの移動販売を行っています。オリジナルのケバブは、イベント会場やオープンキャンパスなど、数多くの販売実績を誇ります。法人や自治体からの出店依頼も承ります。人数や予算に応じて柔軟に対応いたしますので、ぜひご利用ください。

大阪・兵庫でケバブのキッチンカー出店依頼なら

大阪ケバブキッチンカー出店依頼なら【JUICY'S】へ。 大阪・兵庫を中心にキッチンカー(移動販売車ケータリングカー)にてケバブを移動販売しております。 パーティーやイベント、フリーマーケットなどで大人気のゲバブの屋台を呼んでみませんか。 出店依頼やお見積もりなどはお気軽にご連絡ください。

My Feed

My latest feed

Recent Media

My Latest photos

JUICY’S Instagram

Return Top