移動販売車に必要な資格とは

移動販売を副業として始めてみたいと考えている方が少しずつ増えてきています。
こちらでは移動販売車での営業に必要な資格や許可をご紹介します。

食品衛生責任者

飲食店を移動販売車で開業するにあたって、営業許可を所轄の保健所の食品衛生課に申請しなければなりません。飲食店には原則として、食品衛生責任者を必ず各店に1人置くことが義務づけられています。食品衛生責任者になるためには、調理師・栄養士・製菓衛生士などの資格が必要です。これらの資格を持っていない場合は、食品衛生責任者のための講習会を受講することで資格を取得できます。

保健所の営業許可

移動販売車には食品営業車や食品移動販売車などの種類があります。例えば、食品営業自動車は飲食店・喫茶店・菓子製造業など、車内で食品加工を行う車両を指します。食品移動販売車は食肉販売業・乳類販売業・魚介類販売業など、すでに加工済みの食品を販売する車両のことです。

所轄の保健所に営業許可申請をする際には、営業形態によって車両の分類が異なります。そのため、営業許可申請の前にまず販売車両の仕様を決め、改造したものを車両検査にかけ、車両登録を行ってから申請する必要があるのです。

申請時の注意点

移動販売では、商品の特性などからターゲットとなる顧客を想定し、それに合わせた時間帯やエリアで営業を行っていきます。しかし、都道府県条例などによって手洗い設備の条件などが細かく決められているため、詳細について各地域の条例を確認する必要があります。必ず決められた範囲内で営業を行うことで、トラブルを回避できます。自動車の保管場所もあらかじめ決めることも必要です。

移動販売には厳しい衛生環境の維持も不可欠です。そういった厳しい基準を乗り越えて初めて、移動販売車での営業ができます。
衛生面での基準が高いからこそ、イベントの運営者も安心して出店依頼が可能となります。JUICY’Sでは子どもから大人まで、幅広い層で人気のケバブを移動販売しています。大阪京都奈良兵庫近畿地方を中心に出店依頼を受けつけております。移動販売車でイベントを盛り上げるお手伝いをいたします。

大阪・兵庫でケバブのキッチンカー出店依頼なら

大阪ケバブキッチンカー出店依頼なら【JUICY'S】へ。 大阪・兵庫を中心にキッチンカー(移動販売車ケータリングカー)にてケバブを移動販売しております。 パーティーやイベント、フリーマーケットなどで大人気のゲバブの屋台を呼んでみませんか。 出店依頼やお見積もりなどはお気軽にご連絡ください。

My Feed

My latest feed

Recent Media

My Latest photos

JUICY’S Instagram

Return Top